トップ > 環境教育・体験学習 > 環境教育 > ソーシャル・イノベーションとしての自然学校

ソーシャル・イノベーションとしての自然学校

価格 : 定価 本体1,800円+税
0498
数量
 

978-4-8403-0498-6

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
発行会社 みくに出版
著作者・翻訳者 著者:西村仁志

ソーシャル・イノベーションとしての自然学校
成立と発展のダイナミズム


本書「ソーシャル・イノベーションとしての自然学校」は、地域の持続可能な発展に
貢献する「自然学校」とその創業者をソーシャル・イノベーションという観点から分析した
日本初の研究をまとめたものです。
2014年を最終年として「持続可能な発展のための教育の10年」が進行している現在、
各地の自然学校においてもその実践が重ねられ、地域の持続可能性に貢献する事例が
数多く見い出されるようになっています。
自然学校とソーシャル・イノベーションの関連、またソーシャル・イノベーターとしての
自然学校創業者・経営者について著者が強く意識するに至ったことが、本書の問題意識となっています。
本書は2011年2月に、著者により同志社大学大学院総合政策科学研究科に提出された
博士学位論文『日本における「自然学校」の成立に関する研究ソーシャル・イノベーションの観点から』が
もとになっています。
東日本大震災とそれに続く福島第一原発事故を経験した日本では、いま持続可能な社会、社会的公正と存在の
豊かさの実現に向けた着実な歩みが求められています。
それはソーシャル・イノベーションによって実現されなければならないものです。
環境教育、ソーシャル・イノベーションに携わる方、自然学校の関係者、またそうした分野での研究や実践を志す
若い世代の皆さんに本書をおすすめします。

ISBN 978-4-8403-0498-6 C3036

著者について
西村仁志(にしむら・ひとし)広島修道大学人間環境学部 准教授
環境共育事務所カラーズ代表 公益社団法人 日本環境教育フォーラム 理事
1963年 京都市に生まれる
1986年 同志社大学経済学部卒業 京都YMCA専門職
1993年 環境共育事務所カラーズ開業
2006年 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(前期課程)修了
    同志社大学大学院総合政策科学研究科 助教授
2011年 博士(ソーシャル・イノベーション)(同志社大学)
2012年 広島修道大学人間環境学部 准教授
専門 ソーシャル・イノベーション、環境教育