トップ > 考える×続けるシリーズ > 東日本大震災をふりかえり、今を見つめ、対話する 未来をつくるBOOK

東日本大震災をふりかえり、今を見つめ、対話する 未来をつくるBOOK

価格 : 定価 本体667円+税
0462
数量
 

978-4-8403-0462-7

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
発行会社 みくに出版
著作者・翻訳者 ESD-J未来をつくるBOOK制作チーム/著
判型・ページ A4判56ページ
 
発行 認定NPO法人
   「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J) 
   http://www.esd-j.org
企画・制作 ESD-J「未来をつくるBOOK」制作チーム

2011年3月11日、
大きな自然現象が日本をおそいました。
東日本大震災です。

この本は大震災をきっかけに想いを
一つにした大人たちが集まり作りました。

いまも日本各地で電力不足や放射能汚染による
混乱が続いています。

これらの出来事を通して、多くの人が自分のくらしの
基き盤がどこにあったのかということを見つめ直し、
その危うさに気づかされたことでしょう。

わたしたちはいま何を感じ、学び、
どのような未来をつくっていくのでしょうか?

この本は、いろいろな場所で
大震災を体験した子どもと大人がもう一度、
そのとき起こったことを思い出し、
大切にしたいことは何なのかを深く見つめ、
探る時間に出あうためにつくられました。

家庭で親子が話し合ったり、
学校で先生と生徒、
生徒同士が考えるためのきっかけになる本です。

<本書の構成>
全体は10の扉(テーマ)にわかれています。

はじめに このBOOKの使い方
第1の扉 大地震
第2の扉 買い物
第3の扉 情報とメディア
第4の扉 電気のないくらし
第5の扉 被災地のくらし
第6の扉 支援・ボランティア
第7の扉 世界とのつながり
第8の扉 エネルギーと経済
第9の扉 自然と文化
第10の扉 未来をつくる君たちへ
おわりに 未来をつくる学び(ESD)へようこそ

各扉は、それぞれ「ぼくの体験、わたしの体験」
「ファクト」「インタビュー」
「問い」の4つで構成されています。

どの扉から読み始めてもよいです。
各扉の「問い」をゆっくりと考えてみてください。

そしてまわりの人たちと語りあってください。