トップ > 環境教育・体験学習 > 環境教育 > ESD拠点としての自然学校 持続可能な社会づくりに果たす自然学校の役割

ESD拠点としての自然学校 持続可能な社会づくりに果たす自然学校の役割

価格 : 定価 本体1,905円+税
0466
数量
 

978-4-8403-0466-5

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
発行会社 みくに出版
著作者・翻訳者 監修 立教大学ESD研究センター
判型・ページ A5判並製 312ページ

ESD拠点としての自然学校
持続可能な社会づくりに果たす自然学校の役割

監修 立教大学ESD研究センター
編著 阿部 治・川嶋 直

ISBN 978-4-8403-0466-5


日本におけるESD(持続可能な開発のための教育)研究の拠点である
立教大学ESD研究センターが、ESDの視点から自然学校の果たす役割や
到達点と課題、今後の発展を明らかにしたのが本書である。

第1編は、日本の自然学校の主導者による自然学校の基本から
今日的な役割までのまとめ、
第2編は、2010年3月に開催した「自然学校は地球を救う」シンポジウム、
第3編は、2011年3月に開催された「自然学校宣言2011」シンポジウム
の報告書を中心に構成した。

また資料編として「2010年自然学校全国調査」の分析と
報告書(抜粋)を掲載している。

はじめに ←クリックでpdfファイルを開きます。
目次 ←クリックでpdfファイルを開きます。