【電子書籍】

精神科学と社会問題



価格 : 800 円 (+税)

販売書店

各電子書店 紀伊國屋書店Kinoppy 楽天kobo

       honto BookLive Kinoppy ほか





 




















 
発行会社 みくに出版
著作者・翻訳者 ルドルフ・シュタイナー著 河西善治編
紙の本の判型・ページ A5判 117ページ


本書には、ルドルフ・シュタイナーの「社会問題」に関する次の論文が掲載されています。
「社会問題」「自由と社会」(中村康二訳)、「精神科学と社会問題」(伊藤勉訳)「社会機構の三層化」(新田義之訳)。
これらはルドルフ・シュタイナーの「社会問題」に関する重要な論文です。
また、「他者のための労働」と「労働と収入の分離」の原則や「社会有機体の三層化」など
シュタイナーの社会思想を知るためには貴重な資料となります。
シュタイナーの思想が、個人の精神性の向上や教育などだけにとどまるものではないことが本書により、
きっと理解されるでしょう。


しかし残念ながら、日本においても、シュタイナーに関心をよせる人たちの多くは、
「私は人智学がとても気に入っている。しかし三層化については知りたいとも思わない」というような人たちである。
しかしこのことの原因は、シュタイナーの人智学そのものにあるのではない。
原因は、そうした人たち自身にあるのである。蟹は自分の甲羅に合わせて穴を掘るのである。
それゆえ、この「精神科学(霊性の学)と社会問題」は、「諸事万端が切迫し、世界が炎に包まれ、
人々が社会情勢にどう対処してよいかわからないでいる今のような時代」にとって、焦眉のテーマとならねばならないであろう。
「なぜなら、個々の人間が自らを個体として感じることは、自らが全人類と結ばれていると感じることを妨げはしないからである。
人類の発展において、自らが全人類の一人であることを同時に感じることがなければ、自らを個体と感じる権利は存在しない。」
(シュタイナー、1922年9月29日) (編者によるあとがきより)


本書は1986年5月に人智学出版社より発行された『精神科学と社会問題』を復刊したものです。
復刊に際しては、発行当時の時代背景を考慮して原本をできるだけ活かすこととしましたが、
編者・訳者による若干の語句の修正が行われています。